蜂の巣駆除は蜂バスターへ 費用900円〜

蜂バスター
365日24時間
即日対応/通話無料
蜂バスターフリーダイヤル 0120-901-975
危険な蜂被害から皆様を守ります!!

蜂は夜に飛ばないって本当?「油断大敵」ハチの夜間の行動と注意点

蜂は夜になると活動を控えめにしますが、それでも駆除作業には細心の注意が必要です。

蜂は夜に飛ばないって本当?

専門知識と適切な対策がなければ危険が伴うため、蜂の駆除は経験豊富な業者に依頼するのが賢明でしょう。

蜂バスター」なら、確かな技術と万全の安全対策で、蜂の問題を安心して任せられます。

蜂の生態や駆除方法について詳しく説明しますので、参考にしてください。

蜂が夜に飛ばない理由とは?

蜂が夜に飛ばない理由は主に視力の問題にあります。

蜂は暗闇では視力が極端に低下するため、活動が困難になります。そのため、夜になると蜂は巣に戻り、活動を停止します。

特に昼行性の蜂は、日中に活動し夜間は休息を取ることでエネルギーを節約します。

夜に飛ばないことで、蜂は天敵から身を守ることができるため、生存率が高まるのです。

蜂が夜間に活動しないメカニズム

蜂が夜間に活動しないメカニズム

蜂が夜間に活動を控えるのには理由があります。

蜂の視力は昼間の明るい光に適応しているため、夜の暗闇では物を見分けられません。

そのため、夜になると巣に戻り、活動を休止します。

ミツバチやアシナガバチなど普通の昼行性の蜂は、こうして日中にエネルギーを消費し、夜は休んでエネルギーを温存しています。

夜は天敵の目も節されるので、蜂の生存率も高まります。

蜂の生理的リズムが、このような日中の活動と夜間の休息を促しているのです。

夜間に飛ばない蜂の種類

しかし、モンスズメバチなどの一部の種類は、夜間でも活動する習性があります。

そのため、蜂の種類によって対処法を変える必要があります。

スズメバチ

一般に夜間が蜂の駆除に適した時間とされているのは、蜂が巣に戻っているので接近しやすく、また夜の涼しい気温で蜂の活動が鈍るためです。

ただし、夜間の駆除作業も安全対策が欠かせません。

専用の防護服の着用、明るいライトでの視界確保、静かな作業、駆除剤の適切な使用、周囲の安全確認が重要なポイントです。

暗闇の中では不測の事態も起こりかねません。予期せず蜂に遭遇した際は、慌てずにゆっくりと離れましょう。

万が一刺された場合は、冷やして痛みを和らげ、必要に応じて医師に相談するなどの応急処置を取る必要があります。

このように、夜間の駆除は専門知識と経験を要する作業です。

蜂の習性を熟知し、万全の対策を取れる専門業者に依頼するのが、安全で確実な蜂駆除への近道と言えるでしょう。

夜間に蜂の巣を駆除するメリット

夜間の蜂の巣駆除

蜂の巣の駆除は夜間に行うのがベストです。なぜなら、夜は蜂たちが巣の中で休息している時間帯だからです。

昼間は外を飛び回って活発に活動していますが、夜になると巣に戻って静かに過ごします。

そのため、夜間に駆除作業を行えば、暴れまわる蜂に遭遇するリスクが大幅に下がります。

刺されて危険な目に遭う心配がないのは大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、夜の涼しい気温が味方になります。蜂は気温が低いと体を動かすのが億劫になり、活動量が減少する傾向にあります。

そのおかげで、駆除する側も比較的スムーズに作業を進められます。

夜間に駆除する際の安全対策

夜間に蜂の巣を駆除する際の安全対策は非常に大切です。

1. 防護服を着用する:蜂に刺されないよう、専用の防護服を着用しましょう。
2. ライトを使用する:明るいライトを使用して作業場所を照らし、視界を確保します。
3. 静かに作業する:蜂を刺激しないよう、できるだけ静かに作業を行います。
4. 駆除剤を適切に使用する:駆除剤を使用する際は、取扱説明書をよく読み、適切に使用しましょう。
5. 周囲の安全を確保する:周囲に人がいないことを確認し、安全な場所で作業を行います。

蜂の巣を駆除するための適切な時間帯

蜂の巣を駆除するための適切な時間帯

夜間の真っ暗な時間帯が、蜂の巣を駆除するのに最適な時期と言えます。

おおよそ日没から2、3時間経過した頃が、蜂たちが巣に戻って落ち着き、活動量が低下している時間帯にあたります。

その時間に駆除作業を行えば、蜂に刺されるリスクも最小限に抑えられるでしょう。

さらに、夜の涼しい気温は蜂をさらに慎重にさせるため、作業もスムーズに進められます。

この適切な時間帯を見計らえば、安全面と作業効率の両方を確保し、蜂の巣を確実に駆除できるはずです。

夜に飛ばないはずの蜂に遭遇した際の対処法

蜂は夜間活動しないと思いますが、時折予期せぬ遭遇もあるかもしれません。

そんな際は冷静に対処することが肝心です。もし蜂が近づいてきたら、あわてずにゆっくりとその場を離れましょう。

驚いて振り払うと、かえって蜂を刺激し攻撃を受ける恐れがあります。

屋内で蜂を見かけた時は、窓やドアを開けて、できるだけ自然に外に出るよう誘導するのがベストです。

夜間に蜂の巣を見つけた場合の対処法

夜間に蜂の巣を見つけた場合の対処法

夜間に偶然蜂の巣に出くわしても、決して近づいてはいけません。

蜂は巣に人が接近すると刺激を受け、襲ってくる危険があるからです。

専門の駆除業者に連絡し、安全な方法で駆除を依頼するのが一番賢明です。

自力で駆除を試みる場合も、しっかりと防護服を着用し、夜間に行うことが推奨されます。

駆除剤を使う時は取扱説明書をよく読み、適切に使うことが大切です。

さらに、暗闇の中での作業には十分な明かりを確保し、周りに誰もいないことを確認しましょう。

夜に蜂に刺された場合の応急処置

蜂に刺された場合、まずは刺された部分を冷やすことが重要です。

冷やすことで、腫れや痛みを軽減することができます。

蜂に刺されたら医療機関を受診してください

1. 刺された部分を洗う:刺された部分を流水でよく洗い、清潔に保ちます。
2. 冷やす:氷や冷たいタオルを使って、刺された部分を冷やします。これにより、腫れや痛みが和らぎます。
3. 抗ヒスタミン薬の使用:腫れやかゆみがひどい場合は、抗ヒスタミン薬を使用することが薦められます。
4. 医師の診察:刺された部分が広がったり、呼吸困難や激しい痛みがある場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。

刺された際の対処法を知っておくことで、冷静に対応し、症状を軽減することができます。

特にアレルギー反応が出やすい人は、刺された場合の行動を事前に確認しておくと安心です。

夜間に蜂が飛ばない場合の行動パターン

夜が訪れると、蜂たちはほとんどが巣の中で休息を取ります。

暗闇の中では視界が悪く、飛び回るのが難しくなるためです。エネルギーを温存するため、夜間は活動を自粛し、静かに巣に潜んでいるのが普通です。

特にミツバチなどの昼行性の蜂は、夜になればほとんど動くこともなく、巣の中でぐっすり眠ります。

ただし、巣を離れて外にいる個体もいるかもしれません。

なんらかの理由で巣に戻れずにいる場合も考えられるでしょう。

夜間に蜂が巣に戻る時間帯

夜間に蜂が巣に戻る時間帯

蜂たちは日が沈んだ後に次々と巣に戻ってきます。昼間の活動を終え、夕方から夜にかけて巣に帰還し休息に入るのが一般的なサイクルです。

特に暗くなってくると視界が悪くなるので、早めに巣に籠もる傾向があります。

外で活動していると天敵に狙われるリスクも高まるため、安全な巣で夜を過ごす習性があるのです。

そのため蜂の駆除に最適なのは、日没から1、2時間後の時間帯です。

この頃にはほとんどの蜂が巣に戻っているので、作業をする側も安全が確保できます。

夜に蜂を駆除する際のおすすめの道具

夜に蜂を駆除する際のおすすめの道具

夜間の蜂駆除は準備が大切です。まず何より、しっかりとした防護服を着用することが不可欠です。

蜂に刺されないためにも、丈夫な防護服は必須アイテムと言えるでしょう。

また、暗闇での作業には明るいライトが必要不可欠です。強力な照明を用意し、視界を確保しておく必要があります。

そして最後に、蜂駆除専用のスプレーや駆除剤も欠かせません。

こういった道具があれば、安全面・作業効率面の両方を確保し、夜間でも蜂の駆除を効果的に行えるはずです。

夜間に駆除する際の安全な服装

夜間に蜂を駆除する際の安全な服装は、防護服が基本です。

1. 防護服:蜂に刺されないために、専用の防護服を着用します。顔や首周りもしっかりとガードしましょう。
2. 手袋:手も刺されやすい部分なので、防護手袋を使用します。
3. ブーツ:足元も守るために、防護ブーツを履きましょう。
4. ヘルメット:頭部を保護するために、ヘルメットも着用します。
5. ゴーグル:目を守るために、保護ゴーグルを使いましょう。

夜間に蜂の巣を駆除する具体的な手順

夜間に蜂の巣を駆除する具体的な手順

夜間に蜂の巣を駆除するための具体的な手順をリストアップしました。

手順 説明
1.準備 防護服を着用する
2.視界確保 強力なライトで作業場所を照らす
3.薬剤装備 駆除剤を準備する
4.接近 蜂の巣に静かに近づく
5.駆除 駆除剤を使用し、蜂の巣に直接スプレーする
6.撤退 作業後、安全な場所に退避する
7.後処理 翌朝、巣の撤去を確認する

このように手順を守ることで、安全に蜂の巣を駆除することができます。

蜂は夜に飛ばないって本当?のまとめ

この記事では、蜂が夜に飛ばない理由や夜間の駆除の方法について説明しました。

要点は以下の通りです。

・夜間に蜂が飛ばない理由
・蜂の巣を駆除する際の安全対策
・夜間に駆除する手順

蜂の駆除は専門知識が必要であり、安全に行うためには「蜂バスター」に依頼するのが最善です。

プロは経験豊富で、効果的かつ安全に駆除を行うことができるため、駆除を任せることで、今後も安心して暮らすことができますよ。

365日24時間、いつでも蜂バスターに相談

蜂の駆除で困った時は、365日24時間、いつでも蜂バスターに相談してくださいね。

安全な蜂の巣退治を行うためには、以上の情報を活用し、信頼できる業者と連携することが肝心です。

最短5分で現場に駆けつける、安全で安心な駆除業者はどうやって見つける?

では、どうやって安心して頼める、仕事が迅速で信頼できる蜂の駆除業者を探せばいいかを最後にお話ししますね。

口コミをよく調べる

ここで大切なのが、レビューや評判をチェックすること。他の人がどう感じたか、良い口コミが多いかを見ると、信頼できる業者かどうかがある程度わかります。

サービス内容が明確か

次に、サービス内容をしっかり確認することです。ただ巣を取り除くだけでなく、なぜ蜂が来たのか、また来ないようにするためにはどうすればいいのか、そういったアドバイスがあるかも大切です。

明朗料金か

料金が明確かどうかは大事なチェックポイント。後から「これもかかります、あれもかかります」と言われると困りますよね。初めにしっかりとした見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

対応の速さ

最後に、対応が早いかどうか。蜂の巣は見つけたら早めに対処したいもの。すぐに来てくれる業者かどうかも、大事なポイントの一つです!

BEST株式会社の生活に役立つサービス

BEST株式会社では暮らしの中でのトラブル解決に向けたサービスを各種展開しております。 蜂退治・ハチの巣駆除以外でのお困り事があれば、下記リンクよりお問い合わせください。 日常生活でのトラブル解決のプロが多数在籍!日本全国をネットワークで繋ぎ、皆様の生活をより良くするための活動を行っております。

ガラスの修理・交換センターカギの緊急センター119金庫の鍵開け緊急センターねずみバスター

蜂退治・蜂の巣駆除作業料金の目安

見積もり・
現地調査
0
蜂の巣駆除・
蜂退治費用 900円(税込)〜

※別途いただく作業料は蜂の巣駆除作業の内容や現場の状況によって異なります。地域によっては出張費が発生する場合もあります。
※巣の所在不明の場合には調査費が発生する場合があります。

蜂退治・蜂の巣駆除対応地域

近年の温暖化現象・異常気象により、日本全国の各地でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ、クマバチ、ドロバチ、ハナバチなどあらゆる蜂が急増しております。
中には猛毒を持つ害虫とともに大量発生している地域もございます。
庭や軒先、室外機などの周辺で蜂が飛んでいるのを発見したら、まずは当社にお電話ください。その場から見えなくても隠れた場所に蜂の巣がある可能性がございます。不用意に退治・駆除を行うと逆に危険を伴う可能性もございますので、「蜂の巣 駆除」は専門家にお任せください。
当社では数万件の蜂駆除を経験している専門家をネットワークで繋ぎ、皆様の安全を確保できるように駆除活動を行っております。

大きな蜂の巣を発見した!

家の周りを蜂が飛んでいる!

そんな場合は迷わずお電話を!!
蜂の巣駆除・蜂退治の専門家が
最短5分で駆けつけます!!

上記ボタンをタップいただくと電話が掛けれます。
24時間対応、通話料金は無料です。

見積もり無料! お客様からの高評価多数

各種カード払いOK

各種カード払いOK

まずはご連絡ください!!

大きな蜂の巣を発見した!

家の周りを蜂が飛んでいる!

そんな場合は迷わずお電話を!!
蜂の巣駆除・蜂退治の専門家が
最短5分で駆けつけます!!

上記ボタンをタップいただくと電話が掛けれます。
24時間対応、通話料金は無料です。

見積もり無料! お客様からの高評価多数

各種カード払いOK

各種カード払いOK

まずはご連絡ください!!

生活に役立つBEST株式会社のサービス

すぐに交換!ガラス修理・交換のことなら

ガラスの修理交換センター

鍵のトラブル即日解決!鍵交換・修理・取替・取付なら

カギの緊急センター119

金庫の鍵開け、鍵の紛失、ダイヤル忘れなどを解決!

金庫の鍵開け緊急センター

コウモリの駆除・退治・対策!

コウモリバスター

ねずみの駆除・退治はお任せください!

ねずみバスター

無料電話相談、お見積もりはこちら!

蜂バスターに電話する

電話受付:24時間365日

スマホ通話イメージ